PXIとは何か、最新のATEトレンドは?

PCI拡張計測器(PXI)テクノロジーは、テストおよび測定機器を自動化するための理想的なプラットフォームを提供します。 1つのエンクロージャー内で、CompactPCIパッケージを備えたPXIのPCベースのPCIバステクノロジーは、電力、冷却、および同期を提供します。オープンスタンダードのPXIには、柔軟性、低コスト、高性能など、自動テストに適した機能がいくつかあります。

PXIおよびPXIe:振り返り

National Instruments(NI)は、ブレインストーミングセッション中にアイデアが浮かび上がった後、1990年代にPXIを開発しました。課題は、PCデータ取得の利点を電子テストでよく使用されるVXIプラットフォームにどのように移行するかでした。話し合いの中で、NIの幹部はCompactPCIと、問題を別の視点から見ることの利点について検討し始めました。 PCデータ取得をVXIに変換する代わりに、VXIのオープン性を利用して、それをPCテクノロジーに導入する方が簡単です。 PXIが誕生しました。

その後、この新しいオープン規格を管理し、規格の遵守とシステムの相互運用性を確保するために、 PXIシステムアライアンス(PXISA) が設立されたのです。

PCI Expressが2000年代に導入されたとき、PXIテクノロジーはPCIeの高度なパフォーマンスを利用して2005年にPXIeに対応しました。 PXIeは、PCIeバスを、コントローラが情報を処理するカード間のタイミングと同期のための追加の信号に組み込むことにより、PCIの共有バス型トポロジーを置き換えました。

PXI:最新のATEトレンド

現在、計測器にはスタンドアロン型とモジュール型の2種類があります。従来、自動試験装置(ATE)はスタンドアロン型(ラック&スタック型の「ボックス型」)が主流でした。スタンドアロン型は、制御用パネルや表示用パネルを備えており、直感的なユーザーエクスペリエンスを提供します。しかし、スタンドアロン型装置は、さまざまな試験要件を満たすために、操作中に高度な人的介入を必要とします。幅広いモジュールを選択できるモジュール式テストプラットフォームは、光コンポーネントやネットワークシステムの製造において、テストソリューションの最適な構成を可能にします。

PXIプラットフォームは、相互運用性を提供するPXIモジュール、シャーシ、およびコントローラを備えたATEのモジュラー機器の標準になりました。 OEMは通常、ほぼプラグアンドプレイのカスタムテスト機能のために既製のPXIモジュールを使用できます。

さらに、多くの組織は、エンジニアがスペクトル分析、信号生成、RF減衰、および電気計測(たとえば、ロボットアームまたは多軸位置決めシステム)に同じ機器を使用して、介入なしでテストを繰り返すことができるため、モジュラーATEが好ましいと考えています。 。 PXIプラットフォームは、ATE制御およびデータ取得へのモジュラーアプローチを可能にしました。ただし、エンジニアは、実験室の外で使用するためにPXIATEをポータブル機器に変換するという課題に直面しています。

PXIの歴史の次の章:モバイルテストおよび計測アプリケーションのためのコンパクトPXIプラットフォーム

移植性の問題に対処するために、ADLINKは PXES-2314T。このコンパクトなPXIプラットフォームにより、拡張カード、シャーシモジュール、およびほとんどのラップトップ、ノートブックコンピュータ、およびPCとインターフェイスするデュアルThunderbolt™3(TB3)ポートを備えたケーブルが不要になります。

これにより、ATEをより迅速かつ簡単に設定できます。また、製造現場、オフィス、商業ビル、および実験室でのテストも可能です。

アプリケーション用のPXIプラットフォーム

アプリケーションに最適な自動試験装置の設計に関係なく、 ADLINKのPXIポートフォリオ 必要な高性能製品が含まれています。

ADLINKは、標準のWindowsOSおよびソフトウェアで動作するPXI/ PXIeプラットフォームを提供し、リモートイーサネット/ LAN制御を可能にし、GPIB、USB、およびイーサネット/LAN計測器へのインターフェースを提供します。機能は次のとおりです。

  • 革新的な冷却:各PXIスロットの均一なエアフローにより、安定した温度が維持され、ノイズが最小限に抑えられます。
  • インテリジェントなシャーシ管理:バックプレーンモニターの電圧、ファン速度、温度、およびプログラム可能な設定のセンサーが制御を提供します。
  • 高性能バックプレーン:要求の厳しいアプリケーション向けの高度なタイミングとトリガーを備えた高速PCIExpressまたはPCIバス。

ADLINKPXIコントローラ はPXIシステムを実行します。

  • 組込みコントローラ:組込みコントローラには、CPU、HDD、SSD、RAMが統合されており、ギガビットイーサネットポート、周辺機器用のUSBポート、USB計装制御、Micro-GPIBコネクタなどのインターフェイスがあります。
  • リモートコントローラ:PXIリモートコントロールキットは、デスクトップまたはサーバーから直接PXIシステムを制御します。これらは、システムのスロット1にあるPCI /PCIExpressボードとPXI/PXIExpressモジュールで構成されています。

ペースの速い業界では、テストプロセスを合理化することが不可欠であり、ラボでテストを実行するよりも、必要な場所にテスト機器を設置するのが最も現実的です。 PXI規格は、自動テストで大きな進歩をもたらしました。現在、イノベーションによって移植性が可能になっています。 

【お問い合わせはこちら】 テストおよび測定アプリケーションのニーズを満たすためにATE開発を簡素化するのに役立つパートナーシップの詳細については文頭のリンクをクリックしてください。


著者:クアン・リー・ツェン
著者:クアン・リー・ツェン

ADLINK、PXIプロダクトマネージャ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。