エッジの視覚化とは

エッジ・ビジュアライゼーション(エッジでの可視化)とは何か?なぜ気にする必要があるのか?

テクノロジーは人間に情報や洞察を与えますが、ソリューションの開発者は、コンピュータから出力される抽象的なデータを人間にわかりやすく伝える方法を見つける必要があります。エッジ・ビジュアライゼーションは、データを実用的な形に変換し、意思決定、コミュニケーション、次の最適なステップに活用できるようにします。

エッジでの可視化は、チャートまたはグラフ、比較、継続的に変化するリアルタイム出力、または単なる単語、数字、記号の形でデータを提示することができます。しかし、GPUモジュール、組込みコンピュータ、産業用タッチスクリーンモニター、産業用パネルコンピュータなど、タスクや環境に適した産業用ディスプレイシステムを選択することで、より多くのことが実現できることを、ソリューションビルダーは知っています。

エッジでの可視化が必要な場合

エッジでの可視化の一般的なユースケースのひとつにキオスクがあります。レストランや店舗での顧客対応から、従業員の出勤時の資格確認や温度チェックなどの社内業務まで、日常生活で利用されることが多くなっています。

ただし、イノベーターは、プロセスを合理化し、次のようなミッションクリティカルなアプリケーションでの意思決定を迅速化するために、エッジでの視覚化を新しいアプリケーションにもたらしています。

医療画像処理: X線、コンピュータ断層撮影(CT)、内視鏡検査、超音波などの医用画像システムは、診断の鍵となる低遅延と画質を重視しています。これらのシステムには、高速データストリーミング、リアルタイムAI推論、高速画像再構成、および最大化された寸法、解像度、彩度を備えた最適化されたディスプレイが必要です。

医師のためのクリニックコンソール: コンソールは、患者の記録を入力およびアクセスし、画像、栄養および投薬情報、および現在のステータスを調べ、それをサーバーに同期するためのディスプレイを医師に提供します。このシステムには、患者を引き付けて教育するための2番目のディスプレイも含まれています。

カジノゲーム: このユースケースでのエッジの視覚化には、マルチディスプレイ構成をサポートし、魅力的なビジュアルエクスペリエンスを瞬時に提供するために、業界のディスプレイとGPUが必要です。

製造設備: 工場のヒューマンマシンインタフェースは、生産の監視と制御を提供します。ダッシュボードは、機器のステータス、時間の経過に伴うパフォーマンス、コストの比較などをマネージャーやフロアの従業員に明らかにすることができます。マネージャーやフロアの従業員は、アクションを実行して運用を軌道に戻す時期を確認できます。

エッジでの可視化の開発における課題

GPUモジュール、組込みコンピュータ、産業用タッチスクリーンモニター、および産業用パネルコンピューターをユースケースに統合できる産業用ディスプレイシステムを選択するには、いくつかの要素を考慮する必要があります。

  • エンドツーエンドの待ち時間が短く、システムの応答性が高い。つまり、システムが画像を再構築して画面に表示するのにかかる時間です。
  • アプリケーションに必要な詳細レベルを示す没入型ビジュアルのサポート
  • アプリケーション固有の機能をサポートするための多用途の機能。
  • さまざまなユースケースでの読みやすさ。屋内または屋外での使用に適したディスプレイを選択するか、直射日光の下で表示する必要があります。
  • 工場、屋外アプリケーション、ディスプレイが過酷な条件にさらされたり、頻繁に消毒される可能性のある病院など、さまざまな環境で確実に機能する耐久性
  • メーカーは、製品の寿命を最大限に延ばし、投資収益率を高めるために、長年のサポートを約束して製品を支援する必要があります。

エッジコンピューティングとディスプレイテクノロジーは成熟しています。ただし、ディスプレイとコンピューティング機器を洗練された外観と特定の業界に必要な機能と統合することは、調達が難しい場合があります。さらに、エッジコンピューティングとディスプレイの任意の組み合わせにより、パフォーマンスが低下し、システムが期待どおりの価値をもたらさず、場合によっては、これらの問題を修正するためにシステムを交換するコストが発生する可能性があります。

ADLINKがエッジでの可視化を可能にする方法

ADLINKは、エッジコンピューティングとビジュアライゼーションを組み合わせて、垂直アプリケーション向けのスマートシステムを構築する エッジビジュアライゼーションソリューション のラインアップを開発しました。これらのシステムは、組込みMXM GPUモジュール、組込みコンピュータ、産業用タッチスクリーンモニター、産業用パネルコンピュータで構成され、エッジシステムでのレンダリング、AI、グラフィックス、コンピューティング、ディスプレイ性能を加速し、コンピューティング要求の高いグラフィックス集約型の産業アプリケーション向けにエッジでの可視化を最適化するものです。

NVIDIA や AU Optronics (AUO) などのパートナーと密接に協力し、ADLINK は垂直方向に特化したソリューションで可視化空間に参入してきました。たとえば、ADLINKの 組込みMXM GPUモジュール は、超音波診断装置のビームフォーミングを高速化し、ヘルスケアアプリケーションにおけるCアームマシンの画像再構成を向上させます。また、ADLINKは、術中患者モニタリング、臨床診断、患者データ管理システム(PDMS)に使用される、高い演算性能、衛生的なデザイン、医療クラスI認証を特長とする 医療用パネルコンピュータ のラインアップを提供しています。

ADLINKの 産業用パネルコンピュータ は、高い信頼性とセキュリティ、アクセス制御、ネットワーク接続を必要とする投票機などに使用されています。また、コールドチェーンロジスティクスのアプリケーションでは、温度に敏感な製品の完全性を確保するために、冷蔵倉庫の監視に産業用パネルコンピュータが使用されています。ADLINKの 産業用タッチスクリーンモニター も、商業・産業界のニーズを考慮して設計されています。PCAP10点タッチインタフェースにより、様々なジェスチャー操作が可能で、高輝度、防指紋表面、広視野角により、幅広いユースケースで見やすくなります。

エッジの可視化でユースケースを今すぐ合理化

エッジでのビジュアライゼーションは、効率を高め、ユーザー体験を向上させ、企業がより多くの収益を獲得するのに役立ちます。産業用パネルコンピュータや産業用パネルディスプレイを使用した新しいソリューションにより、市場投入までの時間を短縮し、最適なビジュアライゼーションを実現するためにお客様の仕様に適合した製品を提供します。ADLINKの ケーススタディ では、幅広い業種で効果的なビジュアライゼーション・ソリューションの構築をどのように支援しているかをご覧いただけます。

著者:アントニー・ウー
著者:アントニー・ウー

ADLINK、インダストリアルディスプレイ&システムビジネスセンター、シニアディレクター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。