Log4jの脆弱性に関するADLINKの公式声明

ADLINKは、ボードサポートパッケージ(BSP)を含む当社製品の包括的な監査を完了しました。その結果、ADLINK社は、BSPのリリースにおいて、影響を受けるアイテムを提供していないことが明らかになりました。従って、弊社製品は、Apache Log4j の脆弱性(CVE-2021-44228)の影響を受けないことが確認されています。また、ADLINK 製品への対策は必要ありません。

ADLINKは、この状況を継続的に監視しており、この状況の展開に応じて、さらなる最新情報を発表していきます。ADLINKは、お客様の支持と信頼を得るために、製品・サービスを真摯に提供し、トラブルシューティングを慎重に行うことを最も大切にしています。

ご不明な点、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。デジタル時代に突入し、情報技術の危機が叫ばれる中、私たちは常に信頼できるパートナーであり続けることをお約束します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。