スマートファクトリーに最適な状態監視ソリューションをご紹介

状態監視により、製造装置のステータスを可視化するための基準が引き上げられました。機械のメンテナンスが必要か、故障の兆候が見られるかを判断するために、定期的な検査を待つ必要がなくなりました。スマート状態監視システムは、通常の動作パラメータからの逸脱を検出するために継続的に機能するため、メーカーはメンテナンスをスケジュールしたり、機器を回転させて、ダウンタイム、収益の損失、場合によっては壊滅的な機器の損傷を防ぐことができます。

さらに、機器メーカーは、テストと測定に状態監視を使用して、企業がそれらを維持するために使用できる微調整されたマシンと仕様を提供します。状態監視ソリューションは、製造業者がプロセスを合理化し、製品の品質を向上させたり、顧客にサービスを提供したり、リモート監視をサポートしたりするために使用できるリアルタイムデータなどの追加の利点も提供します。

製造業は、スマートな製造の実装によって転換点に達しました。 ガートナーの調査 は、2021年半ばの時点で、製造業者の50%が状態監視を含むスマートな製造戦略を実装していることを示しています。さらに、86%がデジタルサプライチェーン戦略に不可欠であると考えており、84%が全体的な競争力を高めると述べているため、より多くの企業がこれに追随する可能性があります。

私たちの最高の状態監視ソリューションの選択

メーカーが、必要なすべての機能を提供する既成のエンドツーエンドの状態監視ソリューションを見つけることはまずありません。ただし、ユースケースに適したデータ取得、機械状態監視、および入出力(I / O)を選択することにより、理想的なシステムを構築できます。

必要なテクノロジーのおすすめは次のとおりです。

データ収集

データの取得は、特に産業環境において、モノのインターネット(IoT)デバイスの機能に不可欠です。機器のステータスを可視化するには、正確で正確なデータが必要です。これらのソリューションにより、次のデータを収集できます。

ADLINKのエッジDAQ MCM-216

MCM-216 / 218 DAQは、ホストコンピューターの必要性を排除することにより、データ取得を簡素化します。これらは、継続的なセンサー測定を提供できるスタンドアロンのエッジデバイスです。これらのイーサネットベースのセンサーは、組み込みの16または8チャネル、16ビットの分解能の電圧、または電流入力を備えた1 GHz ARMCortex-A9プロセッサ上に構築されています。

DAQは、距離の制限や追加のハードウェアへの依存なしに、分散型およびリモートのデータ取得も可能にします。

Bulletin 1441Dynamix™2500ポータブルデータコレクターは、状態監視およびテストと測定の環境をサポートします。これらのポータブルデータコレクターは、予防保守のために、または温度範囲での分析のための主要な機械振動データを提供するために柔軟性があります。

機械状態監視

状態監視プラットフォームは、次のような特定の産業環境を念頭に置いて設計されています。

ADLINKのMCM-204機械状態監視エッジプラットフォーム

このプラットフォームは、リモートのリアルタイム監視、分析、および制御に理想的であり、大規模インフラストラクチャに高度に最適化された機械状態監視ソリューションを提供します。 MCM-204は、ホストコンピューターなしで動作するスタンドアロンのDAQデバイスとして設計されており、複数のデバイスへのデイジーチェーン接続を可能にし、バックエンドサーバにデータを送信するデュアルイーサネットポートを備えています。 240ビットの高分解能ADCと128kS/sのサンプリングレートを備え、すべてのチャネルにIEPE 4mA励起電流源が組み込まれているため、追加の信号調整が不要です。また、デジタルタコメータ、温度センサ、電圧出力、および電流センサ機能もサポートできます。

ADLINKのMCM-100マシン状態監視エッジプラットフォーム

このプラットフォームは、24時間年中無休の継続的なデータ収集と振動測定を最高の精度で提供します。このソリューションは、データ収集、振動分析、アルゴリズム、計算、およびネットワーク接続をすべて1つのシステムに統合します。

MCM-100は、回転機械および装置に高い計算能力、24ビットのデータ解像度、および128KS/sのサンプリングレートを提供します。さらに、各MCM-100ユニットは複数のセンサーに接続して、複数のマシンを同時に監視できます。

vbOnline Proは、転がり軸受と複雑な歯車列を備えた機械を監視するために設計されています。その12チャンネルサンプリングシステムは振動を監視するように構築されており、加速度や速度などによる振動を区別することができます。

このモニターには、磁気ピックアップ、近接スイッチ、レーザーまたは光TTLセンサーなど、さまざまなパルスベースの速度センサーを介して測定するための2つのタコメーターチャネルがあります。

I/O

これらのI/Oモジュールにより、メーカーはIoT環境で使用されるさまざまな信号タイプから最大のメリットを得ることができます。 

NuDAMモジュールは、施設の監視、環境の監視、および産業プロセス制御で使用されるさまざまなセンサとの直接通信を容易にし、信号の調整、スケーリング、線形化、および変換を実行します。温度、圧力、流量、電圧などの測定値のデジタルおよびアナログ入力と出力を取得し、ModbusおよびASCII通信プロトコルをサポートします。さらに、NuDAMのユーザーフレンドリーなインタフェースにより、初期化、構成、およびテストが他のソリューションよりも簡単になります。 

製鉄所や航空製造などのアプリケーション向けに、NIは、テストと監視のためのデータ検証を収集して提供するハードウェアおよびソフトウェアソリューションを提供します。 CompactDAQソリューションは移植可能であり、ネットワーク全体で測定を同期できるデータ取得モジュールを使用してカスタマイズできます。

どの状態監視ソリューションを使用しますか?

技術の進歩、顧客の要求、競争の激化などにより、産業用オートメーションはますます重要になってきています。しかし、適切なソリューションを見つけること、特に現在と将来のニーズを満たすソリューションを見つけることは難しいことです。アドリンクは、お客様のソリューションを選択し、構成し、導入するまでのプロセスをサポートします。ADLINKの25年にわたる産業用オートメーションの経験は、最近では BISinfotechの「世界の産業用オートメーションメーカートップ10」に選ばれるなど、高く評価されています。この経験を活かして、お客様のオペレーションをスマートファクトリーに一歩近づけるお手伝いをいたします。

詳細については、 ADLINKのテストと測定.

著者:オースティン・リン

ADLINK IoT Solutions&Technologyマネージャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です