AIoTとは

AIoTとは何ですか?なぜそれがエッジにとって重要なのですか?

モノの人工知能(AIoT)の採用が拡大しています。これは、2つの実証済みのテクノロジーを一緒に使用するとより大きな価値が得られることをさらに証明するものです。 

メーカーとそのサプライチェーンパートナーは、モノのインターネット(IoT)で販売されています。このテクノロジーは、これらのシステムが生成するデータの高速で信頼性の高い送信を可能にするワイヤレステクノロジーの進歩に一部牽引されて、業界で広く普及しています。 IoTほど広く採用されていませんが、人工知能(AI)は、大規模で複雑なデータセットから価値を抽出するメーカーや配送センターのニーズにもますます応えています。  

2つのテクノロジーは、互いに明らかに補完し合っています。産業用モノのインターネット(IIoT)システムのセンサー、デバイス、コンピューター、およびシステムのネットワークは、大量のデータを生成および交換します。 AIを使用すると、人間と同じように、コンピューターが学習し、問題を解決し、意思決定を行うことができます。 2つのテクノロジーを組み合わせたAIoTシステムは、自動化の実現、機器の誤動作の予測、意思決定者にプロセスを最適化するために活用できる洞察の提供などの利点を約束します。  

AIoTの可能性は市場の成長を促進しており、 2025年までに$650億以上になると予想されています。AIoTへの投資は、以下のような、どちらのテクノロジーも単独ではできないリターンを求めています: 

  • 分析におけるビデオやオーディオなどの非構造化データの使用の促進 
  • エッジでデータを生成および使用する自動システムに電力を供給することでレイテンシーを削減  
  • リアルタイムおよび履歴データを分析することにより、プロセスの次善のステップを即座に正確に予測 

AIoT の活用 

AIoTのユースケースは事実上無限です。オペレーションがデータ分析を活用して情報提供、自動化、または最適化できる場所であればどこにでも適用できます。最近のアプリケーションでは、コロナウイルスが大流行した際に、 医療用ロボットにAIoT を導入しました。これらのロボットは、病院内で施設の消毒、リサイクル品の選別、資材の運搬などの作業を行い、人々がCOVID-19に感染するリスクを回避することができました。さらに、AIoTは、交通量の多い地域の群衆レベルを監視して、社会的距離が困難になる可能性のある場所を住民に通知するのに役立ちました。  

AIoTは、パンデミック時に製造業者が従業員を保護するという課題に対処するのにも役立ちました。 AIoTが機械をリモートで監視し、振動、速度、温度、圧力などのデータを分析し、エッジで必要なアクションを実行することで、スタッフは安全に距離を保ち、リモートでアクティビティを監視できます。  

もう1つの成功したAIoTアプリケーションは スマートパレットシステムです。倉庫では、より効率的に、素早く、正確に業務を行う方法を模索する必要に迫られていますが、このAIoTシステムは、パレットの積み付けと資産の位置を自動化します。誤ってパレットに置かれた荷物を誤出荷する前に阻止し、在庫をリアルタイムで最新の状態に保ち、無駄や無駄な出荷コストを削減し、より安全な作業環境を実現します。  

AIoTのユースケースとして最も注目されているのは、 自律 走行車での役割でしょう。車の制御システムを動かすAIモデルは、天気、交通、ルート、障害物などの重要な情報を車に提供するIoTインフラと協調して動作します。  

AIoTを機能させる

効果的なAIoTシステムには、それをサポートする堅牢なネットワークが必要です。通信システムが4Gから5Gへと進化する中で、エッジコンピューティングは、データを生成する何百、何千ものIoTデバイスをサポートするための速度、信頼性、低遅延、および容量の増加を提供します。 

エッジアプライアンスは、最も重要なデータをソースで処理し、低遅延と高い信頼性を実現するため、AIoTシステムの重要な構成要素でもあります。エッジコンピューティングは、システムの経済性を高めることができます。特に、遠隔地からクラウドにデータを送信することにコストがかかる場合には、エッジコンピューティングが有効です。また、セキュリティやコンプライアンス上の理由から、すべてのデータをクラウドに送ることができない場合にも、エッジコンピューティングが解決策となります。私たちは、AIoTをサポートするエッジコンピューティングを3つの主要なバケットに分類したいと考えています。AI on Modules(AIOMs)、Application-ready edge platform(AREP)、Service-ready edge platform(SREP)です。ここでは、それらがどのようなもので、どのように機能するのかを簡単にご紹介します。

AIoTシステム自体を構築するために、企業はAI on Modules(AIOM)を使用できます。これは、ヘテロジニアスコンピューティング用にCPU、GPU、およびVPUを組み合わせたモジュール上のコンピューターと並列のAIoTです。 ADLINKのAIOMには、COM Express、SMARC、CompactPCIなどの組込み製品が含まれます。  

堅牢なApplication-ready Edge Platform(AREP)は、その名のとおり、特定の業界のアプリケーション向けに設計・構築されたエッジデバイスで、エンドユーザーやシステムインテグレーターのエッジコンピューティングを支援します。例えば、 AVA-5500 は、交通機関での利用に最適なアプリケーション・レディエッジ・プラットフォームです。例えば、鉄道のデジタル化について言えば、AVA-5500は、AIoTアプリケーションである鉄道の危険・侵入検知、列車の自動運転、列車の遅延予測などをサポートするために使用することができます。AREPは、揺れの多い列車、寒さや風雨にさらされる地域、遠隔地や地下など、あらゆる環境で使用できるように設計されています。ADLINKのAREPには、AIベースのマシンビジョン用AIスマートカメラ、エッジ推論プラットフォーム、リアルタイムROS 2ロボティクスコントローラのほか、ハイエンドGPUサーバやマルチアクセスエッジコンピューティングプラットフォームなどがあります。AREPは、高性能なAI推論、AIソフトウェアやシステムとの高い統合能力を実現しており、サービスが容易でコスト効率の高いソリューションとなっています。

もう一つの選択肢は、サービスレディエッジプラットフォーム(SREP)です。SREPは、モジュール式のアーキテクチャを採用した、コスト効率が良く、低リスクでベンダーを問わないソリューションです。 SREPは、 任意のデータソースから任意のデータソースへのリアルタイムのデータ接続とエッジでの処理を提供し、産業環境における機械やコントローラがリアルタイムに行動できるようにします。ADLINK SREPには、 ADLINK Edge™ ソフトウェアプラットフォーム、様々な独自のIoTサービスやアプリケーションを開発するための、すぐに使える接続性を備えたADLINK Edge™アプリ、そしてスマートパレットやマシンヘルスソリューションなど、業界に特化したハードウェアとソフトウェアを統合したソリューションであるADLINK Edgeスマートソリューションがあります。 

すべてを統合する 

適切なハードウェア、ソフトウェア、ネットワーク、システム設計があれば、企業はIoTとAIの両方の長所を備えたシステムを構築することができます。すべてのコンポーネントが揃うと、企業はAIoTを活用して新境地を開拓し、新たな成長機会を見出し、自動化によって競争力を強化し、より効率的で収益性の高い未来に向けて設定した目標を今すぐ達成することができます。  

著者:トビーマクリーン
著者:トビー・マクリーン

ADLINK Technology、IoTおよびイノベーション担当副社長