ADLINKのAI対応ビジョンソリューションが、台北の交通の流れを維持するのに役立ちます。

紹介

台北市では、交通渋滞の緩和と大気環境の改善を目指し、公共部門がスマートシティの実現に向けて、数年前からさまざまな信号機管理ソリューションを検討しています。台北には2,500以上の信号機が設置されており、通勤ラッシュ時には何時間も無駄に渋滞に巻き込まれることになります。そこで交通局は、交通の流れを改善する信号機監視システムの開発を、スマート交通ソリューションプロバイダーに依頼しました。既存のシステムをさらに最適化するために、同社はADLINKの最新の人工知能(AI)対応マシンビジョンシステム「EOS-JNX-I」を活用しました。

課題

現在、交通流の情報は、各交差点の信号機に取り付けられたPoE(Power over Ethernet)カメラによって取得され、中央制御室に送信して管理しています。しかし、ラッシュアワーになると、車が増えるだけでなく、道路を横断しようとする歩行者の数も大幅に増加します。交通量の多い交差点では、車と歩行者それぞれの青信号の安全性を確保するため、赤信号が長くなり、交通や歩行者の流れが大きく遅れることがあります。また、歩行者がいない場合でも、ドライバーが赤信号を見て、交差点で不必要に待たされることがあります。

そのため、スマート輸送ソリューションプロバイダーは、既存の監視システムで AI を有効にして、システムをより柔軟にしたいと考えていました。 AIを活用して交通状況を分析することで、交通量や歩行者数に応じて自動で信号機を制御することができます。

ソリューション

既存の監視システムにAIを導入する場合、図1に示すようにAIコンピュータやPoEハブが必要となり、TCO(Total Cost of Ownership)が高くなる可能性があります。また、IPカメラからネットワークビデオレコーダー(NVR)までの映像ストリームが、予期せぬ理由でシステムクラッシュや再起動を起こした場合、失われることが懸念されていました。

図1図1:既存の監視システムでAIを実現するには、AIコンピュータと追加のPoEハブが必要になる場合があります。
および追加の PoE ハブ

アップリンクポートを内蔵したADLINKのエッジAIビジョンシステム「EOS-JNX-I」は、最小限の変更、ケーブル配線、投資でエッジAIの安全機能を実現します。さらに、100mケーブルの検証により、EOS-JNX-Iは互換性と信頼性の問題を排除し、AI開発者は画像ソースで簡単にAI推論を適用することができます。

「EOS-JNX-I」は、オープンネットワークビデオインタフェースフォーラム(onvif®)プロトコルにより、メーカーが異なる場合でも、あらゆるIPカメラとNVRを接続することが可能です。システムインテグレータは、チャンネル設定からonvifオプションを選択し、監視ネットワーク上の各IPカメラを検出します。選択したIPカメラをonvifプロトコルに切り替えると、接続が可能になります。

顧客のメリット

最も大きな課題の1つは、ビデオストリームに中断がないことを確認することです。これは2つの理由で起こり得ます - カメラが暑い天候のためにオーバーヒートしたためにクラッシュした可能性があります。もう1つは、カメラの故障で、ケーブルが切れたり緩んだりした場合です。このような場合、監視システムのプロバイダーは、カメラがクラッシュしたかどうか、またはケーブルの状態を確認するために、保守担当者を信号機に派遣する必要があり、時間とコストがかかります。「EOS-JNX-I」で、ADLINKはこの2つの問題を解決するスマートPoEを提供します。

IPカメラのトラブルシューティングの「鉄則」は、再起動することです。また、ソフトウェアの設定を行うために、カメラの電源を手動でオン/オフする必要がある場合もあります。スマートPoE機能により、オペレーターはカメラをリモートで再起動できるため、電源ケーブルを手動で抜き差しするリスクやダウンタイムによる影響を最小限に抑えることができます。電源投入後にカメラがリセットされない場合、オペレーターは別の問題が原因と判断し、メンテナンスのために別のツールを用意することができます。

また、ADLINKはPoEロス検知機能を搭載しており、突然の電源断に対して警告を発し、迅速な修理を可能にし、稼働率を最大化することができます。

結論

統計解析の結果、本システムを導入した交差点では、不要な赤信号が減り、渋滞の度合いも緩和されました。時間の経過とともに、より多くのビデオライブストリームデータがあれば、機械学習(ML)モデルはより多くのパターンを識別するために成熟し、システムはより正確な予測を行い、混雑をさらに緩和できるようになります。

ADLINKのAI対応ビジョンシステム「EOS-JNX-I 」は、メンテナンスが容易で、信頼性が高く、開発が早いため、安全なコミュニティ、工業検査、スマート小売、工場物流、配送ロボットなど、幅広いアプリケーションシナリオのIPカメラ監視システムにとって理想的なプラットフォームとなっています。

詳しくは ADLINKのPoE AIビジョンシステム「EOS-JNX」 のページをご覧ください。

著者:ケビン・シュー
著者:ケビン・シュー

ADLINK IoTソリューションおよびテクノロジー、エッジビジョン製品管理部マネージャー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。