#2020VisionHack:マシンビジョンとエッジコンピューティングが1人の男性を$10,000より豊かにした方法

エッジコンピューティングとマシンビジョンは、製造業、物流、その他の幅広い業界における現実世界の問題を解決する大きな可能性を秘めています。優れたアイデアは中小企業のイノベーターから生まれますが、試作品を開発してソリューションを市場に投入するには、バックアップやサポートが必要です。 20/20ビジョンハック 主催者は、エッジベースのマシンビジョンシステムを開発するソリューションビルダーに刺激を与え、彼らの仕事を進めるためのツールを提供したいと考えました。そして、ある優秀なイノベーターには、有望なアイデアを完全に開発して市場に出すためのリソースを提供しました。

このコンペティションは、HackerEarthが主催し、2020年12月15日から2021年3月31日まで開催されました。アドリンクは、インテルと共同でこのイベントを後援し、ファイナリストに Vizi-AI™マシンビジョン開発キット  を授与しました。このキットは、コンペティションに参加したソリューションビルダーに、エッジでの人工知能(AI)導入のためのスケーラブルな出発点を提供します。

20/20 Vision Hack受賞者のご紹介

20/20 Vision Hackのファイナリストたちは、ゲームエンジンから作業員の安全システムまで、優れた作品を提出しました。優勝者を決めるのは審査員にとっても難しいことでしたが、最終的にはSergio Velmay氏が優勝しました。

Velmay氏は、AI、マシンビジョン、機械学習、チャットボットを中心としたソフトウェア開発者としての経験に加え、建築、3Dデザイン、バーチャルリアリティ(VR)、ドローンなどのバックグラウンドを活かして、最優秀賞を獲得しました。彼が設計した「Machine Vision Poka-Yoke」プロトタイプは、メーカーが組み立てを監視・制御する能力を向上させることを目的としています。このシステムは、組立工程で作業者を誘導し、正しい部品を正しい数だけ使用しているかどうかを確認し、さらに部品の向きが正しいかどうかも検出します。

Velmay氏は インタビューの中で、Smart Industryに対し、「ADLINKのVizi-AIキットデバイスとインテルのOpenVINOツールキットを活用し、カスタマイズされた多数のディープラーニングモデルを搭載したことで、私の提案は最終プロセスで際立っていたと思います。」と語っています。

Vizi-AIマシンビジョン開発キットは、インテルAtom x5-E3940システムオンチップ(SOC)を搭載し、AIアクセラレーションのためのインテルMovidius Myriad Xビジョン・プロセッシング・ユニット(VPU)を含んでいます。このキットには、インテルが配布している OpenVINO™ツールキットも含まれています。このツールキットは、エッジでの深層学習の推論、インテルのCPU、統合グラフィックス、Neural Compute Stick 2、Movidius VPUを使用したビジョン・アクセラレータ・デザインのヘテロジニアス実行をサポートしています。Vizi-AI開発キットは、開発者が画像キャプチャデバイスに接続し、ビジョンデータを使って機械学習モデルを展開・改善し、業務上の意思決定を最適化することを可能にします。

Velmay氏のプロジェクトが審査員の目に留まったのは、データセットの開発とモデルの検証のために、3Dプリントで部品を作り、Hackathon中に持ち運び可能なプロトタイプを作成したことと、現場でのライブデモを計画したことでした。

Hackathonに出場することのメリット

20/20 Vision Hackに出場した経験を振り返って、Velmay氏は、OpenVINOツールキット、ADILNK Vizi-AI Machine Vision Development Kit、ハードウェア、そして1万ドルの優勝賞金を得たことは、もちろんメリットだと言います。しかし、スマートインダストリーでは、「メンターやスペシャリストから直接学ぶことができること、コミュニティの一員になれること」など、他にも参加する理由があるとコメントしています。

興味深いことに、20/20 Vision HackはCOVID-19のパンデミック中に開催されたため、バーチャル形式を採用しましたが、その結果、体験を損なうどころか、むしろ向上させることができました。バーチャルなワークスペースでは、世界中のイノベーターが参加でき、移動の必要もありません。また、主催者は新しい技術や戦術に関連したコンテンツや教育をリアルタイムで提供することができました。また、バーチャルな環境では、参加者同士がオンラインで出会い、協力してプロトタイプを作ることができます。このプロトタイプは、さまざまな市場で実際のソリューションを生み出す可能性があります。

マシンビジョンPoka-Yoke開発の次のステップ

今回のHackathonは終了しましたが、Velmay氏と20/20 Vision Hackは、エッジでのAI導入を進めるという究極の目標を達成するために活動を続けています。

ADLINKとIntelからの市場投入サポートにより、Velmay氏はシステムを市場に投入する準備をしています。 Velmayは、これらの20/20 Vision Hackスポンサーと協力して、市場の検証と技術的な製品の準備に取り組んでいます。さらに、ADLINK Edge Solutionsチームは、Velmay氏と協力して、ユースケース、ソリューションブリーフ、デモビデオ、プレスリリース、Webページコンテンツ、ソーシャルメディアキャンペーンなどのマーケティング資料を作成しています。 Velmay氏は、市場の検証、キャンペーンの実行、および技術的な製品の準備に関するアドバイスのサポートも受けます。マシンビジョンPoka-Yokeシステムとそれから恩恵を受けるメーカーにとって、エキサイティングなことがやってきます。ソーシャルメディア(Twitter、LinkedIn、Facebook)でADLINKをフォローして、Velmay氏が製品を市場に投入する際のストーリーの展開をご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です