エッジAIビジョン対応のPPEで作業者の安全を確保

ADLINKとPervasiveがオペレーショナル・インテリジェンス向けのAIビジョンで提携

毎日、個人用防護具(PPE、Personal Protective Equipment)の着用で、多数の労働者が怪我や病気から守られています。健康と安全が危険にさられる可能性のある製造や建設などの分野では、リスクを特定するために作業内容が査定され、リスクを最小限に抑えるPPEポリシーの普及が進んでいます。そうした企業が必要とする対策は、ヘルメット、ゴーグル、手袋などのローテクソリューションから、レスピレーターやバイオハザードスーツなどのより高度な装備まで多岐に及んでいます。

とはいえ、綿密な計画は人がそれに従う場合にのみ効果を上げます。作業員はPPEの着用を忘れたり、誤用したり、残念ながら着用を完全に拒んだりする場合があります。これまでは、PPEポリシーの適用は管理者や監督者に任せられ、彼らが目視検査を実施したり、違反に対応したりしてきました。管理者や監督者が他の仕事に必要な時間が奪われるという事実を別にしても、PPEポリシーの遵守の確認はそう簡単な作業ではありません。PPEを必要とする各状況ですべての作業者を常時監視することはできません。さらに重要なことに、PPEポリシーの遵守の監視は、規制や企業方針を守るというだけの問題ではなく、生死を左右する問題となりえます。

作業者の健康と安全を守る人工知能の新たな役割

画像およびビデオ分析によるリアルタイムの物体検出に対応した人工知能(AI)を活用するシステムを導入すれば、PPEポリシーの適用を自動化できます。このシステムでは、製造現場や建設現場でPPEを着用していない作業者や誤って着用している作業者を検出して、上記の重要な企業方針をより効果的に徹底して管理できます。また、PPEポリシーの適用に求められる技術的ソリューションは検査用の革新的なソリューションと共に運用され、収集されたデータから自動的にレポートが作成されます。

Pervasive Technologiesは、手動による従来のPPE管理工程を自動化したAIビジョン・システムの開発に成功しました。 Pervasive Heureka IndustryのAIビジョン・ソリューション には、高度な分析機能に機械学習と画像処理を統合したADLINKの技術が採用されています。

このソリューションは ADLINKのDLAP-201-JT2 で複数のカメラを動作し、Google Cloud Platformに接続することで、常時監視とデータ保存を可能にします。また、オンデバイスのVMSサーバとしてNetwork OptixのNx Meta VMPと統合できます。クラウドかエッジを選択できるので、作業の要件に合わせてシステムをカスタマイズできます。PPEポリシーの違反を検出すると、管理者やエッジのシステムにアラートを送信し、システムを瞬時にシャットダウンして、無防備の作業者が危険にさらされるのを防ぐように設定できます。

通常使用しているカメラをHeurekaに接続すると、重要なユースケースのためにトレーニングおよび最適化されたシステムが指定エリアを監視し、PPEを識別して、作業者が着用しているか、また正しく着用されているかどうかを確認します。一般的には、Heurekaを使用して、PPEが必要なエリアの出入り口を監視すると、安全ポリシーが自動的に適用されます。Heurekaは産業用アクセス管理および自動アクセス・システムのコストと時間を節約するシステムでもあります。

Heurekaは、安全規定の順守、生産性の向上、コンプライアンスが求められる産業界と、より安全な作業状況の確保に貢献するツールを利用する作業者の両者にとってうれしいシステムです。 

ADLINKでは、エッジ・ソリューションに関する専門的な知識や技術を活用して、 AI・オン・モジュール開発キット および エッジAIプラットフォーム 、サーバといった様々なエッジAI製品を提供しています。ADLINKは、パートナーやお客様がPervasiveのHeureka産業用AIビジョンのようなソリューションを実現できるように、最先端技術を引き続き牽引していきます。

エンベデッド・ワールド・フェアで広汎なHeureka PPEソリューションを体験

ADLINKチームは、2月25〜27日にドイツのニュルンベルクにあるNürnbergMesse展示会場で開催される Embedded World 2020 展示会および会議に出展予定です。PPEモニタリング用のPervasiveHeureka Industry AI Visionソリューションを紹介し、それをデモンストレーションする準備ができています。また、Neon-IカメラとNVIDIAGPUを備えた追加のソリューションをイベント参加者にご紹介します。

ブース#1-540にアクセスして、これらの革新的なソリューションと、ADLINKによってパートナーが産業用ソリューションの展望を変える方法について詳しく知ることができます。

著者:ザビエルセラ
著者:ザビエルセラ

ビジネス開発マネージャー– ADLINKTechnologyのEMEA