エッジ効果:パンデミックの際にエッジAIについて学んだこと

予告なしに世界中でパンデミックが発生したため、企業は直ちに従業員と顧客の安全を守り、地域の健康安全規制を遵守するための新しい方法を見つける必要に迫られました。多くの企業は、インフラ、アプリケーション、データをクラウドに移行する計画を加速させ、分散した従業員と自動化の促進をサポートしました。企業がデジタルトランスフォーメーションを進めるにつれ、エッジでのコンピューティングを求める傾向が強まりました。  

エッジコンピューティングは、IoTセンサー、製造装置、ローカルサーバーなどのデータソースの近くでアプリケーションを実行するアプライアンスを使用します。データをクラウドやデータセンターに送って処理した後、そのデータを使用する機器やシステムに戻すのではなく、必要な場所に直接データを流すことで、効率とデータの価値を最大化します。 

ガートナー社は、2025年までに 企業のデータの75% がデータセンターやクラウドの外で作成・処理されるようになると予測しています。さらに、ABIリサーチ社は、2023年までに 人工知能タスクの43% がエッジデバイスで発生すると予測しています。 

エッジAIのメリット 

エッジコンピューティングは、企業のデジタル化された環境の一部として、特に人工知能(AI)プラットフォームと組み合わせて使用すると、さまざまなメリットをもたらします。  

  • 新たな効率化とコスト削減 

エッジコンピューティングは、データが発生したときに即座に対応する自動化を可能にします。また、エッジコンピューティングは、機械やロボットが、一貫した正確な組み立てや、エラーや製品の欠陥の検出などの反復作業を行うことを可能にし、従業員はより価値の高い作業に専念することができます。  

  • 新たな収益とビジネスモデル 

エッジAIは、例えば、企業がエッジに展開されたクラウドサービスを提供したり、企業や消費者のIoTネットワークを強化するサービスを提供することを可能にするなど、イノベーションへの扉を開きます。  

  • 安全性、セキュリティ、コンプライアンス 

エッジAIが可能にする自動化、遠隔監視、品質管理の作業により、社会的な距離を置く必要がある場合や潜在的な危険が存在する場合に、従業員はより安全に仕事を行うことができます。  

また、エッジコンピューティングは、従業員が誤った場所に足を踏み入れた場合にドアロックを制御したり、自律走行車を停止させたりするなど、安全性やコンプライアンス対策に迅速に対応することができます。  

  • 新しい顧客と労働者の経験 

エッジAIは、ユーザーの入力に対する迅速な応答や、ユーザーの行動や好みに応じて高度にカスタマイズされたインタラクションも実現します。  

パンデミック時に企業が学んだ6つのエッジAIの教訓 

パンデミックの際に新しいモデル、ワークフロー、および健康安全規制に適応する企業は、インフラストラクチャとアプリケーションをクラウドに移行することにより、デジタルトランスフォーメーション計画を加速するために迅速に動きました。しかし、そうすることで、彼らはエッジAIの価値について6つの重要な教訓を(場合によっては難しい方法で)学びました。 

1.物理法則

以前は独自のデータセンターしか使用していなかった一部の企業は、特にパブリックインターネットに一部依存しているSD-WANを介して、クラウドとの間でデータをやり取りするまでに不意を突かれました。 エッジはその待ち時間をなくし、速度、自動化応答を改善し、全体的な生産性を向上させます。 

2.マーフィーの法則 

マーフィーの法則とは、「うまくいかないことがあれば、必ずそうなる」というおなじみの法則です。2020年の変化の速さは、この法則に加えて、「変化のスピードが速ければ速いほど、ミスの機会も増える」というITの原則をもたらしました。企業は、モジュラーソリューションとフォールトトレラントシステムの価値を身をもって体験しました。システムの一部が故障しても、簡単に交換することができ、生産現場ではデータの他の経路を利用することができます。また、エッジコンピューティングはネットワーク接続に依存しないため、サービスが復旧するまでシステムをオフラインで運用することも可能です。 

3.経済学の法則 

ネットワーク、データ伝送、クラウドサービスのコストは、いずれもエッジコンピューティングによって一般的に削減することができます。予算が限られ、支出が制限されている現在、これは回復期にある多くの企業にとってプラスとなります。 

4.土地の法則 

規制の厳しい企業の中には、規制や法律、ポリシー上の理由から、クラウドアプリケーションやクラウドストレージを利用できない場合があります。エッジは、他の方法では得られない効率化と自動化への道を提供します。 

5.物質の法則 

どんなに努力しても、ハードウェアやインフラを狭いスペースに収めることはできません。エッジアプライアンスには様々なサイズと構成があるため、企業はローカルのサーバやインフラを使用できない場所での使用の選択肢が多くなります。また、寒冷地や悪天候などの過酷な環境下での使用を想定した堅牢なアプライアンスも選択可能です。    

企業にとって忘れられない教訓 

従業員が可能な限りリモートで働くようになり、メーカーがオートメーションを導入して社会的な距離を置くようになると、デジタルトランスフォーメーションは、数年後に計画されていたプロジェクトから緊急の優先事項に変わりました。その際に注目されたのが、クラウドへの移行でした。しかし、製造業をはじめ、ミッションクリティカルなプロセスを持つ企業や組織にとっては、エッジAIが最適なソリューションであることがわかりました。 

テクノロジーの導入が迅速に行われたことで、企業は自社の業務に適したものとそうでないものをより早く見極め、デジタルトランスフォーメーションの最終目標をより明確に描くことができるようになりました。企業がデジタルトランスフォーメーションについて学んだことの中には困難なものもありましたが、その結果、エッジAIの価値を理解するなど、実績のある最適化されたIT環境を手に入れることができました。企業が学んだことは、現在の危機への適応能力をはるかに超えるリターンをもたらし続けるでしょう。   

著者:トビー・マクリーン
著者:トビー・マクリーン

ADLINK Technology、IoTおよびイノベーション担当副社長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です