マシンビジョンテクノロジーパートナーを探す

マシンビジョンパートナー探し:エッジAIとクラウドの虎の巻

マシンビジョンテクノロジーパートナーは、エッジAIとクラウドコンピューティングの両方の経験がありますか?  

真の価値を提供するマシンビジョンの導入は、エッジとクラウドにおける人工知能(AI)のバランスを慎重に取ることで実現します。マシンビジョンを最適化するには、クラウドでシステムをトレーニングし、エッジで推論を可能にする必要があります。この戦略により、導入したその日から価値を生み出すことができます。その後、モデルは相互に作用するデータについて学習し続け、最高のパフォーマンスを得るためにモデルを継続的に調整・最適化する機会が生まれます。  

米国でガールスカウトのクッキーを唯一販売している Evans Distribution Systems社の自動梱包検査は、その好例です。この3PLおよびサプライチェーンソリューション企業は、箱の色でクッキーの種類を識別するように訓練されたAIマシンビジョンを導入し、エラー率を下げながら出荷量を倍増させました。このシステムは初日に90%の精度を達成し、その後数週間かけてトレーニングと照明の微調整を行った結果、99.8%の精度まで向上しました。  

製造業や流通業では、AIやマシンビジョンが当たり前になってきていますが、これらのシステムをクラウドやエッジコンピューティングで最適化することは、多くのシステムインテグレータ(SI)にとってまだ比較的新しいことです。このような状況の中で、どのようなパートナーエコシステムを構築するかは、顧客に真の価値を提供するマシンビジョンシステムを提供し、市場での競争力を維持する能力に直接影響します。  

必要な答えを得るために  

他のパートナーシップと同様に、潜在的なエッジAIパートナーが必要なソリューションとサポートを提供できるようにするには、特定の質問に対する回答が必要です。  

ADLINK DataRiver上に構築されたエッジIoTソリューション

ベンダーへの質問:  

  • 貴社のテクノロジーは、オンプレミスシステム、エッジ、またはクラウドでインテリジェンスを実行するのに役立ちますか?
  • モノのインターネット(IoT)ゲートウェイ、スマートセンサー、データ抽出など、クライアントのユースケースに対応するのに役立つエッジデバイスのフルラインを提供していますか? 
  • 過酷な産業環境や極端な天候にさらされている場合でも、ソリューションを屋内と屋外で使用できますか? 
  • エッジデバイスを接続するにはどうすればよいですか?ネットワーク、ケーブル、またはセンサーを介して接続できるオプションを提供していますか? 
  • デバイスをクラウドアプリケーション、オンプレミスのエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムまたは倉庫管理システム(WMS)、個々のマシン、またはコントローラに接続できますか? 
  • 貴社のテクノロジーは、データが別のデバイス、歴史家、データベース、資産、または人に向けられているかどうかにかかわらず、必要な場所にデータを流すことを可能にしますか? 
  • マシンビジョンAIをプロセスに追加するには、機器やシステムに変更を加える必要がありますか? 
  • デバイスに電力を供給し、デバイスに継続的な電源が供給されていることを確認するためのオプションは何ですか? 
  • どうすればデバイスを物理的に保護できますか? 

パートナーシップが自社のビジネスにどのように影響するかを理解する 

ベンダーと提携し、そのソリューションを製品に組み込むことも、ビジネスに影響を与えます。チームのワークフローへのハードウェアとソフトウェアの統合の容易さは、提供するソリューションにテクノロジーをいかに効果的に組み込むことができるかに直接影響します。  

ベンダーへの質問:  

  • お客様のテクノロジーとそのデータをどのように監視および制御しますか? 
  • エッジデバイスを管理するためにどのようなオプションがありますか? 
  • 提供するソリューションへのアクセスを制限し、それらが安全であることを確認するにはどうすればよいですか? 
  • 技術サポートおよび販売サポートのために、パートナーが利用できるリソースは何ですか? 
  • マージンや段階的メリットなど、SIのパートナープログラムの条件は何ですか?  

パートナーの専門知識をビジネスに生かす 

適切なマシンビジョンソリューションパートナーを見つける前に、そのベンダーのテクノロジーがどのように使用されるかを明確に理解する必要があります。 QA / QC、労働者の安全、監視など、ビジネスの焦点が特定の業種またはユースケースであるかどうかを定義するのは簡単な場合があります。ただし、クライアントポートフォリオが多様である場合は、潜在的なパートナーのソリューションをさらに深く掘り下げて、さまざまな状況に適応するために必要なツールを提供できるようにする必要があります。  

また、マシンビジョンシステムは、クラウドとエッジAIの両方を使用する傾向にあるため、独自の広範なパートナーエコシステムを持つ企業から利益を得ることができます。ADLINKは、あらゆる産業分野の幅広い企業とパートナーシップを結び、エッジとクラウドのソリューションを確実に提供してきました。最近の AWSセレクトパートナー への昇格は、当社がいかにデリバリーパートナーとエンドカスタマーのビジネス要件を満たすことに尽力しているかを示す一例です。  

ADLINKと AWSパートナーシップ がマシンビジョンにもたらす利点と、お客様のために解決できる運用上の課題についてご紹介します。私たちはお客様の質問にお答えする準備ができています。 

ADLINKの Catalystパートナープログラム はこちら。  

著者:スティーブン・ジェレブ
著者:スティーブン・ジェレブ

グローバルパートナーズ&アライアンスシニアディレクター